フリーランスにも2種類いる!あなたはどっち?

昨日の新聞に
こんな記事が載っていた絵文字-矢印3

DSC_5829

フリーランス
1000万人時代

わしのこのブログでも
過去一番読まれている記事が

このフリーランス関係が
ワンツーを独占している

 

ワン絵文字-矢印3

https://tai-gee.com/blog/3942

ツー絵文字-矢印3

https://tai-gee.com/blog/3180

 

ただ、こんな時代だからこそ

どこか組織に属さなくても
仕事が出来る環境になってきた

DSC_5831

すでに労働人口の
17%を占める割合になってきたそうじゃ

 

この新聞にも書いていたけど

フリーランスという道を選ぶ人の
一番の大きな理由は

絵文字-チェック自分のやりたいことが出来る

絵文字-チェック時間や場所に縛られない

絵文字-チェックすべて自分で決めれる

のようじゃ

 

確かにその通りじゃと思うんじゃけど

もっとこのフリーランスという働き方を
俯瞰してみてみると

こんなことが分かる絵文字-矢印3

DSC_5832

フリーランスの中味を見ると

絵文字-チェック副業としている人と

絵文字-チェック完璧に独立している人と

2種類に分かれると

 

ここでいう

副業としている人達は

ちゃんとした
サラリーがもらえる会社に籍を置き

自分の余った時間で
副業として仕事をする

いわゆる

二足のわらじ系ね

 

ただ、このタイプの人達も

いつかは独立したいと考えているけど

それよりも
自分の生活の方が大事

だから

副業の収入が
本業の収入を超えるようになったら

仕事を切り替えようexclamation

そう思っている

でも、わしのブログの
ナンバーワンの記事で書いたように

そんな二足のわらじを
履いている奴に

プロフェッショナルと
名乗って欲しくない!

そんなアンパイな仕事の取り組みしているから
いつまでたっても副業の域から抜け出せれんのんよどんっ (衝撃)

いやいや

ここをほじくると
ついつい熱くなってしまうから

今日はこの辺にしといて

 

今日わしが目をつけたのは

完璧に独立して
プロフェッショナルな自由業の人

この中にも2種類おる

1つは

完璧に自分のコンテンツで
稼ぎ出している人

そしてもう1つは

誰から仕事をもらい
下請けのように稼いでいる人

この2種類

 

わしの考える
本当のフリーランスとは

完璧に自分のコンテンツで
稼ぎ出している人のことじゃと思うdouble exclamation

この仕事の仕方は

自分が作りだしたコンテンツで
新しい世界を自ら切り開き

新しい仕事を作り上げていく

これこそが

本当の自由業じゃと思う絵文字-気持ち (20)

 

でも絵文字-気持ち (21)

誰から仕事をもらい
下請けのように稼いでいる人は

仕事がもらえなくなると

The END絵文字-気持ち (12)

 

誰から仕事をもらう

というのは

仕事がもらえなくなると

後は値引きをしたり
取引条件を緩くするなどして

存続を願うように
頭を下げなくちゃいけなくなる絵文字‐土下座

 

こんな仕事の仕方だと

本来、フリーランスという道を
選んだ一番の大きな理由の

絵文字-チェック自分のやりたいことが出来る

絵文字-チェック時間や場所に縛られない

絵文字-チェックすべて自分で決めれる

こんなのは
どこに行ってしまったのか・・・絵文字-顔 (9)

 

これじゃ

仕事をもらうための
金の奴隷状態じゃん

こんな状態なら

どっかの企業に雇われている
奴隷状態の方が

まだ、月末になったら
サラリーが入ってくるから

そっちのほうが
よっぽどましな話double exclamation

 

都合が悪くなると
パッと仕事がなくなる

そんな取って代わるモノが
いくらでもあるような

仕事をもらうフリーランスを
いつまで続けるんですか絵文字-ハテナ (2)

 

ほんじゃまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です